HOME
ブログ一覧
戻る
前のブログへ
次ブログへ
★★ M33さんかく座渦巻銀河、M1かに星雲 ★★
2018年12月13日
 
 今日は、21時過ぎに快晴のはずが途中で1時間以上雲量90%ほどの曇りとなって撮影に時間をかけられなかったです。

M33さんかく座渦巻銀河 星が2重になる問題と、解像度の問題で、C5で撮影しました。前回C5での撮影はLPS-D1フィルターでgain500、50秒で良かったのですが、QuadBPフィルターではgain500で150秒必要でした。gain500ではノイズが強すぎるので、もう少しgainを落として、露出を長くするのが良さそうです。あまりにも荒いので、11月27日とスタックしました。

[撮影データ]SkyWatcherEQ5GOTO赤道儀、Nikkor300mmf2.8、Quad BP Filter、ZWO ASI294MC-PRO、-10℃、Capture Area=4144x2822、SharpCap使用、Gain=500、Exposure=150s、16frame2400s、全207frame9110s(152m)、FlatDark適用、SI8&Photoshopで処理、トリミングなし

M1かに星雲 これもC5で撮影しています。屈折の300mmF2.8よりも解像度もよく、きれいに写っています。ノイズが強いので、これもgainを落として露出を長くするのが良さそうです。

[撮影データ]SkyWatcherEQ5GOTO赤道儀、Nikkor300mmf2.8、Quad BP Filter、ZWO ASI294MC-PRO、-10℃、Capture Area=4144x2822、SharpCap使用、Gain=500、Exposure=150s、全21frame3150s(52m)、FlatDark適用、SI8&Photoshopで処理、トリミングなし

C5を使うとF10と暗いのでgainを上げましたが、ノイズが酷くなってしまいます。gainを下げればよいのですが、露出がおそらく5分程度になりそうです。露出が決まるまでは、試行錯誤するのですが、ひとつの露出試行で10分ほどかけることになり、大変です。一度決まってしまえば、以降同じ露出を使えば良いのですが、露出が変わると、FlatやDarkの作り直しが必要で、これにも時間がかかります。ASI294MCはDarkのノイズが酷いので不可欠です。Dark300sとFlat50%を挙げました。右上のノイズが酷いですね。Dark、Flatは不可欠です。また、Flat用Darkも必要です。